2010年06月11日

「東南海・南海地震」想定訓練 全国400隊が緊急援助(産経新聞)

 総務省消防庁は5日、東南海・南海地震で震度7を観測したと想定し、都道府県境を越えて活動する「緊急消防援助隊」の運用訓練を愛知県知多市で実施した。4日に始まった全国合同訓練の一環。4回目となる今回は口蹄疫の発生に対応する宮崎県を除き、46都道府県から約400隊、2千人が参加。夜間訓練や、被災者数など災害の詳細を事前に伝えない「ブラインド方式」を初めて取り入れた。

 5日の運用訓練は、医師らによる災害派遣医療チーム(DMAT)や自衛隊と連携し、倒壊家屋や脱線した列車などからの被災者救助や消火訓練を実施。

 緊急消防援助隊は阪神大震災を教訓に、大規模災害時の全国的な応援態勢を構築するため平成7年に発足した。

【関連記事】
地震に津波、台風…「正しさ」迫られる防災情報 でも本当に必要なのは?
京の町で安心して観光を 災害時に商店街と連携へ全国初の協定締結
災害時の避難情報をいち早く住民に NECが実証システム開発
津波で公民館などへ避難は指示対象のわずか6・5% チリ大地震
徳島県が防災・安否確認「すだちくんメール」開始
「はやぶさ」帰還へ

海の安全、日米が「役割」=アジア安保会議で演説―防衛相(時事通信)
“仕分け大臣”に蓮舫氏 政調会長は玄葉氏で調整(産経新聞)
「中川政七商店」老舗の快進撃から目が離せない(Business Media 誠)
自宅で覚せい剤密造=容疑のイラン人2人逮捕―警視庁(時事通信)
求職はメール、口座なし送金 携帯利用で途上国の生活向上(産経新聞)
posted by ハナウエ ヒデハル at 09:50| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。